まずは知識をつけよう

治療費は高い

コレステロールは卵類に多く数の子やイクラなどを良く食べているとコレステロール値が高くなると言われていました。よってこれらを控えることにより値を下げることができるという考えです。 しかし近年になりコレステロールのうち2割は食事由来であるが、8割は生合成されることがわかってきました。 よって卵類の食べすぎは問題ないといわれています。 コレステロールを下げるためには食事や運動療法以外に医薬品もあります。 医薬品の場合1か月数千円し、ずっと続けなければならないため高額になります。 病院で処方箋で出してもらっても3割になりますが、ずっと病院に通院し薬を処方し続けてもらう必要があります。 よって食事や運動療法により総コレステロールを下げる努力をすると安くつきます。

患者数は将来減る

コレステロールは肝臓で合成されるため、肝臓が悪い方ではコレステロール値が増加します。肝臓は他にも糖尿病やアルコールの飲みすぎでも影響するため生活習慣病だとされています。 よって一部の患者は肝臓の機能を良くすることによりコレステロール値が低下し正常に近づけることも可能です。 生活習慣病の1つでもあるため年々高齢者が増加するため患者数も増加傾向にあります。しかし一定の年齢を超えるとコレステロールの生合成能力も低下するため値を下げることもできます。よって益々高齢化社会が進行すると脂質異常症患者数は減少するかもしれませんが、生活環境が良くなったのではなく肝機能の低下が要因になります。 過去の推移から今のところ生活習慣病患者はかなり増加しています。